大人ニキビは洗顔だけじゃなく、保湿や生活習慣の改善も大切

大人ニキビは洗顔だけじゃなく、保湿や生活習慣の改善も大切

大人ニキビは洗顔だけじゃなく、保湿や生活習慣の改善も大切

顔を何日も洗顔しないなど不潔にしていればニキビができるのは当たり前ですが、皮脂やほこりなどの汚れ詰まりばかりがニキビの原因ではありません。

 

 

てかてかのオイリー肌で赤ニキビだらけだから殺菌作用があるニキビ用の基礎化粧品や洗浄力の強い洗顔料を使用して対策する、というのは間違いではないのですが顔のどの部位にできるニキビにも同じ対策でいいかと言うとそうではないのです。

 

特に二十代に入ってからもしつこくできる大人ニキビは原因が複数であることも多く、改善しなければならないのは洗顔だけじゃありません。保湿や生活習慣の改善も大切になります。

 

大人ニキビができる部位でおそらく最も多いであろう顎ニキビの原因は、生理前にホルモンバランスが崩れることによる皮脂分泌の増加や、睡眠不足などの生活習慣の崩れなどで肌のターンオーバーが乱れてしまう事です。

 

またオイリー肌は乾燥とは無縁と思われがちですが、肌が潤っていることと皮脂は違います。肌内部の水分量が足りないから外部の刺激から肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されているのです。もしもオイリー肌なのに口周りだけは乾燥している事がある人は顎ニキビができやすいと言えるでしょう。

 

 

赤く炎症を起こして膨らんでいたり、芯を持って腫れているニキビは痕が残る可能性が高いので放置せずに対策しましょう。炎症を抑える塗り薬を皮膚科で処方してもらうのもいい方法です。出来るだけ手で触らないようにして寝具なども清潔に保ちます。皮脂の分泌を抑えてくれるビタミンB2やB6といったサプリメントを摂取するのも悪化を防いでくれるでしょう。

 

 

生活面ではしっかりと睡眠時間を確保すると肌の再生力は高まります。油物やお菓子もニキビが治るまでは控える様にします。

 

 

スキンケアではとにかく保湿が最重要です。水分を逃がさないためにも乳液を省かない様にしましょう。ニキビ痕がシミにならないようにビタミンC誘導体配合の化粧水を使うのもおすすめです。汚れを落とすクレンジング・洗顔だけではないアプローチが大人ニキビの根絶、二十代からの美肌には必要になるのです。