レチノールで皮膚を丈夫に、免疫力をあげる

レチノールで皮膚を丈夫に、免疫力をあげる

レチノールで皮膚を丈夫に、免疫力をあげる

レチノールはビタミンAの一種です。
ビタミンには、いろいろな種類があります。

 

有名なものと言えばビタミンCが思い浮かぶ方も多いはずです。

 

しかし、ビタミンAは美容には欠かせないビタミンなのです。ビタミンCを化粧品に配合させる場合には、安定化しやすくしたビタミンC誘導体が一般的となっています。
ビタミンAも同じで、化粧品に配合しても安定させることができるビタミンA誘導体が配合されていることが多いのです。

 

皮膚を丈夫にしてくれる効果が期待でき、免疫力もあがるのです。

 

肌への浸透力も高いのです。

 

ターンオーバーを正常に働くようにしてくれる手助けをしてくれます。
加齢による肌悩みにも効果が期待でき、シワやたるみやシミなどの改善が期待できるので美肌化粧品に多く使われています。
加齢によってだんだんと、コラーゲンの生成が減っていきます。

 

コラーゲンの減少により、たるみや毛穴の広がりなどが目立つようになります。
肌のくすみやシワ、シミなども起こりやすくなります。

 

レチノールを使用することでコラーゲンの生成の手助けとなり、ハリが出るのです。
レチノールはピーリング作用もあるので、ターンオーバーが乱れている場合には古い角質を剥がす手助けとなります。
ターンオーバーが正常になることで、肌の悩みを解消することが期待できます。

 

若いころには、何もしなくても正常にターンオーバーが機能しています。
しかし、年齢を重ねることで古い角質が剥がれないままになってしまう事があります。

 

年齢肌には、シミやシワだけでなくニキビの跡がなかなか消えないなどという肌トラブルも起こりやすくなります。
ニキビ跡や肌のごわつきなども古い角質が正常に剥がれることで、改善できることが多いのです。

 

レチノールは美肌化粧品として期待できることが多いのですが、比較的緩やかな効果のものが多いのですが中には
レチノールの濃度が高いものもあるので、使用することでひりひりしてしまったり、赤味がでてしまうなどということもあります。
肌が弱い方や濃度が高いものを使用する場合には、目立たない場所で試してみることが大切です。
ピーリング作用があるという事は、使用している間はUV対策をしっかりすることが必要だという事です。

 

ピーリングをしているときは、皮膚が日焼けしやすい状態になってしまいます。

 

せっかく古い角質を剥がしたのに、UV対策を怠って日焼やけをしてしまっては、逆にシミやシワなどができやすくなってしまうのです。
ピーリング効果があるという事は、乾燥しやすい状態にもなりやすいので保湿もしっかりする必要があります。
保湿が足りず乾燥させてしまうと、肌トラブルを起こしやすい状態になってしまうのです。

 

化粧水、乳液、クリームなどでしっかりと保水や保湿を心掛けることでより効果を期待できるようになるのです。
レチノールだけを使用するのではなく、保湿できる美容化粧品と合わせて使用することが大切です。